• enjoy eatman

アイスマッサージ

嚥下反射を誘発するために嚥下リハでは良くおこなわれる対応です。

舌根や咽頭後壁、軟口蓋などを凍らせた綿棒で撫でたり刺激をして自発的に嚥下をさせて嚥下反射を促します。


Thermal tactile stimulation(前口蓋弓冷圧刺激)も同様で、前口蓋弓に冷圧しがきが加わると、嚥下を誘発する感受性が高まり、嚥下反射惹起の閾値を一時的に低くする方法です。

冷たい物を使った訓練では氷なめ喉も行われますが、いずれも冷たい刺激で口腔内の感覚を高め刺激誘発性の皮質の可塑性により中枢神経系のシステムを変えると考えられています。


我々は大きめの綿棒を凍らせて使用しておりますが、それぞれに少し味を感じる液体を凍らせることによって味覚や嗅覚による刺激も促して使用しています。

ぜひ皆さん色々な味でお試しください!




7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示