• enjoy eatman

舌の可動域訓練

口腔期の最も重要な器官は舌で口腔期の機能全てに関与します、筋力の増強だけでなく動作の改善を意識して続けましょう。


目的 食塊の保持 形成 送り込み 咀嚼に必要な舌の可動域を得る


方法 1舌を出来るだけ前方に突出する 出来るだけ後方に後退する

   2舌の後方部を出来るだけ高く挙上する

   3舌尖部を上歯の裏の歯茎に向かって出来るだけ高く挙上する

   4舌を左右口角につける


     最大可動域で1〜2秒保持したあとに緩める 


参考文献 リハビリテーション医学に基づいた摂食嚥下障害の評価・対応 医歯薬出版





©2020 by 生涯美味しく食べるをサポートする会