• enjoy eatman

中2で永久歯を失ったお話

子供の頃は歯磨きが嫌いで、ほとんど磨いて無かった記憶があります。小さい頃、歯医者さんへ連れていかれ歯茎が真っ赤に腫れていて、虫歯が沢山あると指摘されて何度も嫌々通院していた記憶があります。

何と言ってもあのホルマリンの臭いと歯を削る音や削る振動が脳天に響く感じが恐怖でしかなく、痛みが無くなっては治療途中で中断を繰り返していました・・←だったら歯を磨けよ!と言う声が聞こえて来そうですが、歯医者あるあるで歯を失う危険がありますので、治療している歯の放置が最も危険です。


そんな僕が中学2年生になったある日、そこまで硬くないスナック菓子を食べていると歯が大きく欠けてしまい、しばらく経ってから歯茎が腫れてきだして、さらに激痛が出てきて仕方なく歯医者さんに行ったら、ついに保存不可という説明を受けて永久歯を抜いて貰いました(個人的には抜いて貰ったという歯医者になりたい)抜いた歯はC4でボロボロでしたので粉々になってしまいました。麻酔は効いていましたがヘーベル(歯を抜く時に使うくさびを入れる道具)でグリグリやられる感じはかなりキツかった記憶があります・・・その後はお陰様で痛みも治ったのと虫歯が出来やすい幼若永久歯のタイミングを抜けたおかげで中学生以降は歯医者からは遠ざかっていました。←抜歯後の放置も良くありません・・


その時期は歯医者になるつもりも将来の事も何も考えておらず、どうしたら勉強せずに遊んで暮らせる事が出来るかばかり考えていました、ですのでそのまま放置したせいで顔が少し歪んでいるのと片咀嚼のせいでちょっとした顎関節症になっているのは内緒です。


そんなダメダメな感じですので歯医者になってからも虫歯が深くて神経を保存していた奥歯が痛んで神経を取ったり、その神経を取った歯がまた炎症を起こしたりして治療を受けて来ました。ですから歯を磨きましょう、歯周病を予防しましょう、欠損部を補綴しましょう、なんて言うのは説得力のかけらもありませんが、虫歯の痛み、治療の痛み、治療後の痛み、抜歯後放置、親知らずの抜歯などなど身をもって経験済みなので治療を受けることに対しての共感する力はあるのかなとは思います。

入れ歯で有名な先生は自ら歯を抜いて、義歯を入れてみると言う荒技をしている先生もいらっしゃいます(賛否両論はありますが)


今もたまに治療を受けることがありますが、痛みに弱いので麻酔をお願いしてやって貰います。

身を持った経験としては、一度悪くなって治療すると泥沼、キチンとお手入れしていないとまた悪くなりますよ〜と言う結論です。




15回の閲覧

©2020 by 生涯美味しく食べるをサポートする会