• enjoy eatman

嚥下調整食について

嚥下開始食として良く使われるのはエンゲリードですが、このゼリーは口腔内や咽頭内で長く貯留しても溶けず、柔らかく、付着性も低く、纏まりも良いので誤嚥や残留のリスクが低く良く使われます。


トロミ剤も口腔、咽頭内の流れを遅くすることで嚥下のリスクを軽減するので良く使われます。0.5%トロミやフレンチドレッシング状など色々な表現がありますが摂食嚥下リハビリテーション学会が作成した学会分類に照らし合わせると以下のイメージになりす。


学会分類2013  

 

       0.5%     フレンチドレッシング状

        薄いトロミ   1%     

                       とんかつソース状

        中間のトロミ  2%     ケチャップ状

        濃いトロミ   3%     マヨネーズ状







1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示