top of page
  • enjoy eatman

歯が伸びてきた

更新日:2023年6月28日

メインテナンスで通院される患者さんで「歯が伸びてきたけど大丈夫?」といったような質問を良く受けていました。実際に伸びてきている場合と相対的に歯が伸びて見える2パターンあります。それぞれの状態について見ていきましょう。


 

実際に歯が伸びているケース


この中でも2つあり、歯を抜いた後に噛み合わせる歯がなくなり放置していると伸びてくる場合と歯周病で歯を支える骨が溶けてしまい噛み合わせや舌の力で歯が動いてしまう場合があります。いずれも歯が動いてしまっているので元に戻すには矯正治療で動かすしかありませんがかなり難しい処置となります。

対策としては、抜いた後に噛み合わせをしっかりと作り直すこと、歯が動かないように固定すること、噛み合わせのコントロールをすること、が必要になります。

咬合平面という噛み合わせの平面が乱れると、色々な不具合が出てきますので早めに対応して予防することが重要となります。


歯茎が下がって歯が伸びているように見えるケース


時期的にお水がかなり冷たいので歯がしみてくるケースが多いのですが、加齢や歯周病によって歯茎が下がるとエナメル質という硬い歯に覆われていな歯の根っこの部分が露出してくる場合があります。


それを見て患者さんは歯が伸びてきたと表現するのですが悪い事ではありません、加齢や歯周病で歯を支える歯槽骨が減ってくるとそれに合わせて歯茎も下がってきます、歯ブラシの状態が悪いと腫れた状態になり深い歯周ポケットと呼ばれるものが存在してしまいますが、きちんとお手入れが出来ていると歯茎が引き締まって来ます。


歯茎が引き締まると当然露出する歯の部分が増えるので伸びたように見えます、つまり良く磨けている証拠になります。今の所歯を支える歯槽骨を再生する治療は適応が限られていますので、長くなって隙間の出来た歯を戻す方法は残念ながらありません。


露出してしまった根の部分がしみるので悪くなったと勘違いされる方も多いですが、知覚過敏で症状が出てしまっているだけですので、適切な対応をすれば軽減出来ます。


歯が伸びてきた
歯が伸びてきた

 

歯と歯の間の隙間が広がってきた


同じような訴えであるのが歯と歯の間の隙間が広がってきたというものです。

これも同様で、歯周病で歯を支える骨が減ってくるとそれに伴い歯茎のラインが下がって歯と歯の間の隙間が広がってきます。隙間が広がってくると歯ブラシでは汚れが取れにくい状態になりますので適切なサイズの歯間ブラシを使うことで汚れを落とすことが出来ます、ここで注意して欲しいのが歯間ブラシのサイズで、入らないところに無理矢理入れると歯の隙間がかえって拡がってしまい物が挟まりやすくなってしまいます。またそれ程隙間が空いていないところに歯間ブラシを使用した場合も同様でその場合はデンタルフロスを使用した方が良いです。


歯間清掃用具
歯間清掃用具

 

使い分けは大変ですが、歯ブラシだけで落とせる汚れは60%程度と言われています。たまに通すと嫌な匂いのする汚れが取れてスッキリしますので適切なサイズを使用してしっかりケアをしましょう!


閲覧数:20回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page