• enjoy eatman

嚥下障害の要因まとめ

嚥下障害の症状は窒息や誤嚥などですが、咽頭機能、喉頭機能の障害が原因で起こるのでは無く、食べ物を認知してから捕食、咀嚼、食塊を形成して送り込んで飲み込む一連の流れのいずれかが障害を受けることで起こります。


機能的障害

・ADL機能の低下、咳反射、粘液輸送能の低下

・脳幹部梗塞 出血 両側基底核出血 両側仮性球麻痺

・脳血管障害による後遺症

・パーキンソン病 筋萎縮性側索硬化症 筋ジズトロフィー 重症筋無力症

・認知症 アルツハイマー 前頭側頭型 レビー小体 脳血管型


器質的障害

・歯の欠損・義歯不適合

・舌炎 歯周病 咽頭炎 

・口腔・咽頭腫瘍 とその後遺症

・頸椎症 頸椎腫瘍


医原性(介護原性)

・経管栄養チューブによる圧迫

・気管内挿管の抜管後

・抑制による廃用性症候群

・食事の味や形態による食欲低下 

・うつ・心身症による生活意欲の低下

・薬剤の副作用(抗精神薬 抗コリン薬による口腔乾燥 抗パーキンソン薬による口腔ジスキネジア)


まだまだ色々な要因が複雑に絡んで嚥下障害は起こります、ただ上記のような基本的な診療情報を把握した上で対応しなければなりません。簡単には改善はみられませんが要因をある程度把握して対応、介入することで少しでもお役に立てればと思います。


 参考文献 口から食べるを支える 南山堂





©2020 by 生涯美味しく食べるをサポートする会