• enjoy eatman

摂食機能発達の8段階

小児の摂食嚥下機能発達には八つの段階があるかことが知られています(向井 2000)


1 経口摂取準備期 哺乳反応、指しゃぶり、玩具なめ、舌突出など

2 嚥下機能獲得期 下唇の内転、食塊輸送、舌の前後運動

3 捕食機能獲得期 顎・口唇の随意的閉鎖、上唇での取り込み

4 押し潰し機能獲得期 口角の水平の動き(左右非対称)

5 すり潰し機能獲得期 頬と口唇の協調、口角の引き 顎の偏移

6 自食準備期     歯がため遊び 手掴み遊び

7 手掴み食べ機能獲得期 頸部の回旋 手掌での押し込み 前歯咬断

8 食具食べ機能獲得期  頸部の回旋 食器の口角からの挿入 食器での押し込み


それぞれ特徴的な動きがあり、障害されると拒食、むせや食べこぼし、丸のみ、食塊形成不全などがみられるようになります。

早期に介入した方が良いケースもありますが、全身的な成長と同様に個人差がありますのであまり神経質になるのも良くないです。




1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示