• enjoy eatman

親知らずは抜いた方が良い?

更新日:6 日前

親知らずと言うと抜いた後に腫れている写真を有名人がアップすることが多く、怖いイメージがあると思います。実際に下の親知らずを抜いた場合はかなり腫れる場合がほとんどですし痛みも少なからずあります、ただ上の親知らずに関しては骨が柔らかいため痛みも腫れも殆ど出ない場合が多いです。


 

親知らずを抜いた方が良いケース


❶真っ直ぐ生えていないで捻れたり埋もれているケース


顎の骨のスペースに対して歯が並ぶスペースが足りない場合は捻れたり埋もれたままになる場合があります。


❷歯ブラシなどの清掃用具が届きづらくケア出来ていないケース


親知らずは一番奥の歯で歯ブラシが届きづらく、特に上の親知らずはお口を大きく開けた時に顎の関節が邪魔をするため、お手入れが非常に難しいです。タフトブラシ(先端が尖っているヘッドの小さいブラシ)などで丁寧に磨いても汚れを落とすのは難しいです。


❸噛み合わせに関与していないケース


❶と似ていますが、歯として噛むという機能に関与していない場合は抜いても特に問題ありません。例えば下の親知らずが無く上だけ生えている場合などはドンドン伸びてきて歯茎に当たる場合などがあります。


もちろん顎のスペースが充分あり、歯がしっかり並んで真っ直ぐに生えていて衛生状態も保てる場合は抜かないで残した方が良いです。移植やブリッジの支台、矯正などで利用できる場合があります、歯科医の先生とよく相談して抜くかどうかは決めた方が良いです。




 

親知らずのリスクとは?


上記のような状態の親知らずを残しておくと以下のようなリスクがあります


① 歯周病が進行してしまう


これは清掃が行き届かないため、周りに歯周病菌が集まり歯周病が進行してしまいます。親知らずだけなら良いのですが、隣の歯の歯周組織も侵食してしまいます。


②虫歯になってしまう


同じく清掃が行き届かないため、虫歯菌が集まり虫歯が進行してしまいます。歯周病と同じく隣の歯も虫歯リスクが高まります。また斜めや横むきの状態だと隣の歯の間から虫歯が進行します、横から虫歯が進行した場合は噛む面から進行するよりもエナメル質という強い歯が薄い事、神経までの距離が短い為すぐに神経まで侵食してしまいます。

隣の歯の痛みを訴えて受診される方は多いです。


③歯並びが変わってくる


親知らずが生えようとして隣の歯を押すと、噛んだ時に痛みが出てきたり前歯の歯並びが変わってきたりします。


④腫れて痛みが出る


この訴えで歯科医院を受診される方が多いです。親知らずの周りが炎症をおこして痛みが出て来ます。消毒と抗生剤で炎症は抑えられますが、また腫れをくりかえす方も多いです。


 

親知らずを抜くリスク


親知らずを抜くときには少なからずリスクが伴います、確率はかなり低いですが下の親知らずが下顎神経と呼ばれる太い神経に近接している場合は麻痺が残る場合があります。


ただ麻痺が残った場合も適切にビタミン剤の処方や専門の医療機関での対応で長くても1年程度でほとんどの場合は回復が可能です。


難しい位置にある親知らずに関しては、専門の医療機関を紹介してもらい抜歯してもらった方がリスクは少なくなります。



 

親知らずを抜いた後の症状


親知らずを抜いた後は当然歯を支える歯槽骨がダメージを受けるので痛みと腫れがでます。

前述しましたが上の親知らずの場合は痛みと腫れはそれほど心配いりません。


・腫れと痛み

下に関しては2、3日後がお口が開かない位の腫れのピークでその後は徐々におさまり1週間程度で落ち着きます。痛みも痛み止めが必要なのは長い人でも1週間程度のケースが多いです。*痛みや腫れが長引く場合もあります


・隣の歯が痛む

あと良く出る症状としては隣の歯が痛くなる事があります。これも親知らずを抜いた時の歯槽骨のダメージの影響や噛み合わせの変化によるものと考えられますので痛みが強い場合は噛み合わせの調整で和らぎます。


・頬に違和感

頬にしこりがあるような感覚が続く、歯肉を切開して抜いた影響が考えられますがほとんどの場合徐々に治っていくので経過を見て問題ありません。


・しびれた感じが続く

前述したように神経が何らかの形で損傷している可能性があります。舌や唇など広範囲にわたる場合は早めに対処が必要ですので専門の医療機関を紹介してもらいましょう。



 

親知らずは必ず抜かないとダメなわけではなく上記のようなデメリットがある場合に抜歯を検討し、相談をしましょう。口腔外科を標榜している歯科医院であれば対応してくれます。




閲覧数:12回

最新記事

すべて表示